女性

春夏秋冬ロードバイク女性の服装の基本!初心者におすすめコーデも

ロードバイクに乗るときの服装って、どんな格好で乗れば良いんだろう?
初心者の女性、これから始めようと思っている女性へ、ロードバイクの女性用ウェアの基本をご紹介します。

春夏秋冬・季節ごとの服装選びや、「かっこいい or 可愛い」、「トレーニングor ゆったりサイクリング or 通勤」など、シーン別のコーディネートのポイントも。

ロードバイクの女性ウェア 服装の基本

ロードバイクに乗るときの服装えらびをするときの、いちばんのポイントは「自分の好きな格好で、安全なこと」。
いろんな自転車専用のウェアがありますが、必ずしも専用のウェア(サイクルジャージ)を購入しないといけないというわけではありません。

ロードバイクでかっこよく走りたい・トレーニングしたいという方はぜひぜひサイクルジャージを取り入れるのがおすすめですが、カジュアルに乗りたい方は、運動しやすい服装でOKです。

ただし、自転車に乗るのに安全な服装であることが大前提。ペダルがこぎにくいパンツ(ズボン)や、チェーンに巻き込んでしまうスカートなどは絶対に避けましょう。

ロードバイクの服装はこうでなくてはいけないという決まりはないので、安全に自由におしゃれも楽しみたいですね。

 

女性が最低限そろえておきたいウェア

ロードバイクに乗るときに必ず揃えておきたいウェアがこちら。

ピチッとタイトな服装で汗もかくロードバイクは、女性ならではのお悩みもつきもの。女性のウェア選びのポイントも合わせてご紹介します。

レーサーパンツ(レーパン、サイクルパンツ)

レーサーパンツ略してレーパンは、伸縮性があり、裾が広がっていないので、安全にペダルをこぐことができる自転車専用のレギンスです。お尻の部分にクッションがついているのが特徴。

ロードバイクにカジュアルに乗りたい女性の中には、普段着のスパッツやレギンス、タイツなどで代用している方もいますが、とくに初心者のうちは厚めのクッション付きのレーパンがおすすめ。女性はとくにお尻が痛くなる方がとても多いのですが、レーパンでかなり緩和できます。
カジュアルな服装でも、レーパンだけは中に履いておいて、その上にショートパンツやラップスカートを重ねるコーディネートもおすすめです。

スポーツ用のラップスカート・ショートパンツ

これは必須ではありませんが、女性ならやっぱりお尻周りが気になりますよね・・。
ピチッとタイトなレーサーパンツスタイルに慣れるまでは、レーパンの上に履く短いスカートやショートパンツがあると安心感がありますよ。
サイクリング用のラップスカートは可愛くてカラフルな色が揃っています。スカート丈の長さは短めがおすすめ。ペダルをこぐときの足さばきがしやすく快適です。

可愛い系よりもかっこいい系がお好みの方は、ランニング用のショートパンツがおすすめです。レーパンのクッションの厚みがあることと、前傾姿勢になることを考えて、ほんの少し大きめのサイズを選ぶとちょうど良い履き心地になります。

汗対策ができる機能性インナー

ゆっくり走るときでも、冬の時期でも、ロードバイクで走るとあっという間に体が温まり汗をかきます。
吸水性と速乾性のあるインナーを着ておきましょう。

普段着用でもいろんな商品がありますが、やっぱり自転車用のインナーがおすすめ。前傾姿勢で乗りやすいように生地の切り替えがされていたり、背中の素肌が見えないように後ろ身頃が長くなっていたりと、機能的なんです。
洗濯後もすぐ乾くので、自転車専用のインナーが1枚でもあると快適です。

ゆったりサイズよりもタイトめの服装

自転車専用のサイクルジャージは、ピチピチのジャストサイズで抵抗がある・・という女性も多いのではないでしょうか。お気持ちとってもわかりますが、ゆったりサイズの服装はできるだけ避けるほうが安全。

ロードバイクでは風をきって走るので、服に余裕がありすぎるとバタバタと風を受けて走りにくく疲れます。フード付きの上着も風を受けやすいのでおすすめしません。袖が長すぎるとハンドル操作がしづらくなって危険なことも。

 

ロードバイクに必須のグッズ

まずは女性ならではのウェア選びをご紹介しましたが、忘れてはいけないのが、男女問わずロードバイクに乗るときに必須の自転車グッズ。安全のために必ず用意します。

  • ヘルメット
  • グローブ
  • アイウェア(サングラス)

ゆっくりサイクリングをするからとアイウェアをつけない方もいらっしゃいますが、自分はゆっくり走っていても、前を走る自動車からの飛び石にあたる可能性もあるので、つけることをおすすめします。
ヘルメットは必須。頭と目は、とくに大切ですからね。

 

徐々に追加していきたい女性のウェア

ビンディングペダル、ビンディングシューズ

ペダルに足を固定するビンディングペダルと、靴底の裏に専用金具が付いたビンディングシューズ。
ビンディングペダルに慣れるととっても楽に、速く走れるようになります。

初心者の方は、まずは普通のスニーカーでこげるフラットペダルから始めて、慣れてからビンディングペダルを練習しはじめる方も多くいいらっしゃいます。
もちろん、通勤や気軽なサイクリング目的なら、ずっとフラットペダルのままで乗っている方もいらっしゃいますよ。

タイトなレーパン、サイクルジャージ

ぴったりサイズのレーサーパンツ(レーパン、サイクルパンツ)や、サイクルジャージなども、徐々に購入していけば良いと思います。

でも、形から入りたいタイプの方は(私がそれ笑)、初心者のうちからぜひ1着用意してみてください。気分があがって、より楽しくなるはずです!

はじめたばかりの頃は、タイトな服装に抵抗があるかもしれませんが、慣れてくると気にならなくなります。むしろ、タイトなウェアのほうが、走りやすくて好きになってきますよ。

 

お好み別!女性におすすめの服装コーディネイト

かっこよくトレーニングするときのウェア

格好良く、速く走れるようになりたい!という方は、格好良くて機能的なサイクルジャージを。
女性用のサイクルジャージは男性ほどラインナップが多くはありませんが、お気に入りのデザインをじっくり探してみてください。

男性用の小さめサイズから選ぶこともできることはできますが、やはりレディースモデルのウェアのほうが女性の体に合った形になっています。例えば、男性用の上半身のウェアは、寸胴でストンと落ちるような形。女性用は流線型で腰が絞られた形になっていますよ。

カジュアル、観光・グルメライドのウェア

本格的に走るよりも、気軽に乗りたい方や、訪れた先で美味しいお店に立ち寄ったりしたい方は、動きやすい普段着でも大丈夫。
ジーンズでも良いですが、しっかりストレッチが効いていてペダルが漕ぎやすいものを。パンツ(ズボン)の裾が太い場合は、裾が引っかからないように巻いて止める裾ストラップもあります。

汗をかくので、自転車から降りている間に汗冷えをしないよう、インナーと上着にはとくに気をつけたいですね。

可愛いファッションが好きな方

普段、可愛い系のファッションがお好みの方は、レーサーパンツの上に短めのスカート、またはワンピースを重ねるというコーディネートはいかがでしょうか。長め丈で黒のレーサーパンツなら、スカートやショートパンツを重ねてしまえば普段着のレギンスに見えます。

上着は大きすず前をジッパーやボタンなどで閉められるものなら、風を受けてバタつくこともないのでお好みのものを。

通勤スタイル

通勤でロードバイクに乗る方は、会社で着替えができるかどうかがポイントになってきます。
ロッカールームがあって、着替えができるのであれば、通勤時は割り切って自転車が漕ぎやすいスタイルにすると快適に通勤できますね。

軽い着替え程度しかできない職場なら、仕事着としても使える服装を選んでコーディネートすることになるでしょう。オフィス勤務なら、キレイめでストレッチの効いたパンツスタイルやジャケットなども良いですね。

ロードバイクは前傾姿勢で腕を前に伸ばすので、普段の服装では背中が見えやすくなります。服がグイッと上にずり上がるようなイメージですね。身頃が長めのインナーをパンツ(ズボン)にインするなどして、素肌が見えないように注意。
インナーも、汗が乾きやすいものをよく吟味しましょう。

 

初心者の女性におすすめのウェア

ロードバイク初心者の女性におすすめのコーディネートは、とにかく安全で走りやすいスタイル。
はじめから小物を全て揃えなくても、すでにご紹介したような必須アイテムと、手持ちの服も活用してみると、じゅうぶん安全に走れることもありますよ。

例えば、ご自宅にスポーツウェアがある方は、専用のウェアをいくつか買い足して、初心者のうちはこんなコーディネートがおすすめ。

新しく揃えるもの

  • レーサーパンツ(レーパン、サイクルパンツ)
  • サイクリング用ラップスカート
  • 汗対策の機能性インナー

自宅にあれば使い回せるもの

  • ランニング用ショートパンツ
  • タイトめで運動しやすい服装(スポーツ用の速乾シャツなど)
  • スニーカー

ヘルメットやグローブなど、必須アイテムも忘れずに。

 

春夏秋冬 女性のロードバイクウェア

季節によっても、ロードバイクの服装は悩みますよね。
男性よりも女性のほうが寒さに敏感だったり、お腹を冷やさないようにしたり、体温調整には気をつけておきたいもの。(もちろん個人差がありますが)
上手な服装選びのポイントは、単純に季節だけで判断するのではなく、その日の気温や風の強さに合わせて、小物で微調整することです。
微調整は、回数を重ねるごとに自然とわかってくるので、まずは春夏秋冬ごとの服装選びの基本をまとめておきます。

春の服装

日中のぽかぽか温かい春のロードバイクは、ゆったり走るにはとっても快適。
しっかり走り込む方にとっては、暑く感じることも。
走るとすぐに体があたたまるので、出発するときには少し肌寒いくらいの服装が良いでしょう。
早朝や夕方は寒いので、折りたたみのウィンドブレーカーがあると安心です。
日焼けが気になる女性は、暑くなくても長袖のUVカット素材を選んでください。

春のコーディネート例

  • 速乾性のある機能性インナー
  • 夏用半袖ウェア or 薄手の長袖ウェア
  • 速乾性のあるレーパン

夏の服装

真夏の時期は、ロードバイクにはとても過酷な季節。
とにかく熱中症や脱水状態とならないように対策が必要不可欠。
女性におすすめの夏の服装は、UVカット素材の長袖インナーに、半袖の夏用サイクルジャージを重ねるコーディネート。
とくに男性の夏の服装は、半袖ハーフパンツのサイクルウェアの方が大半ですが、日焼けが気になる女性は上下どちらも長袖丈がおすすめです。長袖は暑い気がしますが、日に直接肌をさらさないほうが体力消耗もしにくくなります。
給水速乾性はもちろんのこと、涼しく感じる素材のものもたくさんありますよ。

夏のコーディネート例

  • 速乾性、UVカット素材の長袖インナー
  • 半袖夏用サイクルジャージ
  • 長い丈の夏用レーサーパンツ

秋の服装

涼しくなってきた秋は、ゆったり走る方も、少し強度のあるトレーニングをする方にとっても快適な季節。
比較的あたたかく、風の少ない秋晴れの日なら、夏用のアイテムも引き続き取り入れるのがおすすめ。
肌寒い日や、風が強めの日なら、保温性のあるインナーに薄手のサイクルジャージを重ねることもあります。
日が暮れるのが早くなるので、日中に帰宅できない予定なら折りたたみのウィンドブレーカーがあると良いでしょう。
服装の調整が難しい秋は、ネックウォーマーなどの小物も活躍します。

秋のコーディネート例

  • 夏用または保温性のあるインナーを使い分ける
  • 薄手のサイクルジャージ
  • 折り畳めるウィンドブレーカーやベスト

冬の服装

寒い冬の時期は、保温と防風できる服装はもちろんのこと、とにかく末端の冷えに注意します。
女性に多い、普段から末端冷え性ぎみの方はおわかりかと思いますが、指先や足先が冷えると、手足が動かしにくくなり、運動時には危険につながることも。
冬用のグローブ、防風の足カバー、足用カイロ、ネックウォーマーなど、冬用のアイテムをフル活用しましょう。
しっかり走ると体があたたまるのですが、その後の汗冷えにも注意です。

冬のコーディネート例

  • 保温性インナー
  • 冬用サイクルジャージ、防風ジャケット
  • 冬用アイテム

ユニクロのヒートテックはロードバイクにはおすすめしません
普段、冬に大活躍するのがユニクロのヒートテックなどあったか機能性インナー。
ロードバイクに乗るときにも使っている方は多数いらっしゃるようですが、汗を吸わないので運動にはあまり向いていないと感じます。温かいですし、絶対だめだとは思わないのですが、汗冷えには充分ご注意を。

 

女性のロードバイクのインナー選び

ロードバイクに乗るときの、女性ならではの服装の悩みと言えば、ブラやショーツなどのインナーをどんなものにするべきか。
これは本当に個人差がありますが、インナー選びで快適さはガラッと変わります。

ポイントは、「しっかりサポートできて、快適に走れるもの」を選ぶこと。
ブラは、普段着ではなくスポーツブラを選ぶことをおすすめします。
ショーツ(パンツ)は、本当に人それぞれで、ショーツは履かずにレーパンを直接履く方も一般的ですし(はじめて知ったときは衝撃!)、抵抗のある方は縫い目のないシームレスタイプのショーツがおすすめですよ。

女性のインナー選びはとってもデリケートで、快適なロードバイクライフを送るためには重要なことなので、別記事で詳しく触れたいと思います!

 

ロードバイク女性の服装コーデまとめ

ロードバイクに乗るときの、女性の服装選びやおすすめコーディネートをご紹介しました。
とくに初心者の頃は服装選びって本当に悩んでしまいがちですが、回数を重ねるごとに、自分らしい服装調整ができるようになってくるので安心してくださいね。

ウェア選びは、ロードバイクの楽しみのひとつ!

まずは春夏秋冬の基本の服装を参考に、コーディネートを安全に楽しんでみてください。

-女性

© 2021 AYAさいくる