ウェア

ロードバイクの靴、ビンディングシューズ以外で乗るなら?男性・女性

ロードバイクに乗るとき、ビンディングシューズ以外の、ふつうの靴でロードバイクに乗りたい!

気軽にロードバイクに乗りたいときや、通勤でロードバイクに乗るなら、ビンディングシューズはちょっと・・・

という方も多いのではないでしょうか。

そんな理由があって履かないという方だけでなく、足をペダルに固定するビンディングシューズはまだ怖いという初心者の方もいらっしゃいます。

 

ビンディングシューズ以外の選択肢

ビンディングシューズ以外に履く靴で思いつくのが、スニーカーですよね。

女性の場合、スニーカー以外ではパンプスがあります。中には、通勤でヒールを履く方もいらっしゃるようです。

ロードバイクに乗るとき、このような順番で安全で走りやすい靴だと言えます。

ロードバイクの靴、安全なのは?

ビンディングシューズ > スニーカー > パンプス > ヒール

やっぱり一番ペダリングしやすいのはビンディングシューズ。

でも、ビンディングシューズ以外の靴でロードバイクに乗るときの注意点をまとめてみました。

 

スニーカーでロードバイク

自転車から降りて観光したり、あえてビンディングシューズを取り入れない方は、スニーカーとフラットペダルの組み合わせになるでしょう。

運動しやすいスニーカーであればどんなものでも大丈夫ですが、ペダルがこぎやすくて安全なものを選ぶようにします。

例えば、靴紐がチェーンに絡まないように注意。靴紐の編み込み部分に、余った靴紐の先を挟み込むなどして、しっかりまとめておくと安心です。

スニーカーの靴底の柔らかさにも注目。

しっかりペダルを漕ぎたい方は、靴底の剛性があるスニーカーがおすすめ。力を効率よくペダルに伝えられます。
ロードバイクから降りたときの歩きやすさも重視したい方は、靴底がしなやかなスニーカーがおすすめです。

また、ぽってりした形の大きめデザインのスニーカーもありますが、靴の幅はシュッと狭いもののほうが、ペダルはこぎやすいでしょう。身近なスニーカーで言えば、コンバースのようなスッキリしたデザインがおすすめ。

実際、サイクリング用のカジュアルデザインな靴も、幅の狭いスッキリしたデザインのものが主流です。

 

パンプスでロードバイク(女性)

ちょっとした観光や、お店に立ち寄りたい方、通勤で使用する女性の中には、パンプスでロードバイクに乗る方も。

あまり一般的ではありませんが、かかとの高さがないパンプスならロードバイクをこぐことは可能本格的なトレーニングでなければ、なんとか安全に乗れるでしょう。

ただしパンプスは履きが浅いので、すぐに脱げてしまいがち。漕いでいる最中にパンプスが脱げないように、バンドなどで止めておきましょう。

また、靴底(ソール)に溝がなくツルッとしているパンプスは、ペダルから足を滑らせやすく危険。すべりにくい靴底のパンプスを選ぶか、靴の裏に雪道用の滑り止めシールを貼るという方法もあります。

 

ヒールでロードバイク(女性)

女性の場合、電車や車などで通勤する際、ヒールを履く方も多いですよね。でも、自転車でペダルを漕ぐのには、ヒールはやはり向いていません

ヒール部分がペダルに引っかかってしまったり、とっさに地面に足をつくときに不安定になってしまうためです。

ちなみに、自転車専用のビンディングシューズでペダルをこぐときには、足裏全体でこぐわけではなく、足裏の拇指球(親指の付け根のふくらんでいるところ)に力を入れてペダルを踏み込みます。

同じく拇指球あたりを地面に付けて歩くヒールも状況は似ています。でも、とっさの動作が求められることがあるロードバイクではキケンな可能性が捨てきれません。

どうしてもヒールでロードバイクに乗りたいという方は、パンプスと同じく、バンドやソールの滑り止めを活用してくださいね。

 

携帯靴を持ち歩く・履き替える

ロードバイクに乗るときはビンディングシューズを履いて、降りたとき用の靴を携帯するという方法もあります。履き替えてちょっと歩くなら、脱いだ靴を持ち運びできるリュックがあると良いですね。

ロードバイク通勤で、仕事場に靴を置いておけるなら、仕事用の靴に履き替えることもできますね。

個人差はあれど、走るとけっこう足に汗をかきますから、可能なら履き替えるのがベストかもしれません。

 

ビンディングシューズ以外の靴で乗るときのペダル

基本はフラットペダル

スニーカーやパンプスなど、ビンディングシューズ以外の靴で乗るなら、ロードバイクにはフラットペダルを取り付けます。

ビンディング用の金具がついていないフラットペダルは、ペダル自体の面積が大きく、踏み込みやすくなっています。
(ビンディングペダルは、面積がかなり小さいことが一般的)

片面フラット、片面SPDペダルなら良いとこ取り

スニーカーやパンプスなどで乗りたいときもあれば、ビンディングシューズでトレーニングもしたい!という方は、片面SPDペダルがおすすめ。

ペダルは工具を使って取り付けるので、なかなか力のいる作業。今日はビンディングペダル、明日はフラットペダルで乗ろう・・といったように、頻繁にペダルの付け替えはしないのが基本です。

でも、片面がビンディングペダル、もう片面はフラットペダルという良いとこどりのペダルなら、ペダルを取り替えなくても使い分けが簡単にできます。

片面SPDペダルは、こんな方におすすめ

  • 週末はビンディングシューズでしっかりトレーニングしたいけれど、平日はスニーカーやパンプスで通勤したい
  • いずれはビンディングペダルにステップアップしたいけれど、初心者のうちはフラットペダルで練習したい
  • 普段はビンディングシューズでしっかりトレーニングしたいけれど、観光も兼ねたポタリングの日には、スニーカーで乗りたい

このように、ときどきしっかりトレーニング、または、ときどきスニーカーで走れたら便利!という方は、片面SPDペダルを取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

ビンディングには2種類あります

ビンディングにはSPDとSPD-SLという2種類の規格があります。

自転車を降りてそのまま少し歩きたい方は、SPD-SLよりも、SPDという規格の片面SPDペダルがおすすめ。
SPD-SLは靴底が固いので本格的なペダリングができる反面、歩きにくいのがデメリット。

SPDなら、比較的靴底がしなやかで、歩きやすさも考えられて作られています。

片面ビンディングのペダルはSPD規格のものが多く、片面SPD-SLのペダルはあまり多くはありません。

SPDペダルにはSPDシューズを、SPD-SLペダルにはSPD-SLシューズを合わせます。

SPDシューズにはカジュアルなデザインのものも多いので、本気デザインのビンディングシューズはちょっと・・・という方にも使いやすいはずです。

 

まとめ ビンディング以外の靴でロードバイクに乗るなら

ビンディングシューズ以外でロードバイクに乗りたい方の靴選びについてご紹介しました。

スニーカー、パンプス、ヒールを挙げましたが、ビンディングシューズ以外なら、男女問わずやっぱりスニーカーですね。
女性なら、個人的には安全に乗れるのはパンプスまでかなぁと思います。

ときどきトレーニングもしたいという方はSPDシューズで片面フラットペダルのものを。

ロードバイクは本格的なトレーニング仕様で乗る方が多いですが、フラットペダルで気軽に楽しむのもステキだと思います!
せっかくのロードバイク、自分のスタイルに合わせて楽しみたいですね。

-ウェア

© 2021 AYAさいくる