三浦半島

【三浦半島】くろば亭の絶品まぐろ!おいしいポタリングコース

三浦半島の南部をロードバイクでグルメポタリングしてきました。

京急三崎口駅をスタートし、名店くろば亭でマグロを堪能。
一面に広がるキャベツ畑の向こうには海、城ヶ島大橋からは富士山も楽しめます。三浦半島の南をぐるりと回る約30kmの気軽なコース。

ロードバイクやクロスバイクで気軽にポタリングをしたい方、軽めのアップダウンのトレーニングをしたい方におすすめのコースです。
三浦半島一周(ミウイチ)する方にも、コースやグルメの参考にしていただけると嬉しいです。
それでは、スタートです!

 

三浦半島南部まぐろ&城ヶ島大橋コース

アップダウン度:★★★☆☆
グルメ度:★★★★☆
絶景度:★★★★☆
スタート地点:京急三崎口駅
ゴール地点:京急三崎口駅
距離:28km
獲得標高:295m

コース概要

京急三崎口駅をスタートし、三崎漁港のマグロの名店くろば亭を堪能。
富士山をのぞむ城ヶ島大橋を渡ったら、反時計周りにぐるりと回って三崎口駅に戻る約30kmの気軽なコースです。

 

京急三崎口駅をスタート

京急三崎口駅をスタートし南下。まずは緩やかな上りでウォーミングアップ。
三浦はのどかな場所ですが、片側一車線が多く、交通量も比較的あるので走行には注意しながら楽しみます。

油つぼ入り口交差点を右折、ポンパドウル油壷研修センターの交差点を左折すると、海岸線に出ます。右手に海を見ながらさらに南下していきます。

 

三浦大根とキャベツ畑

季節が合えば、太くて大きな三浦大根や、キャベツ畑が一面に広がります。その向こうには海。天気の良い日は本当に気持ち良い!
路面はところどころ悪く、畑の土のかたまりが落ちていたりします。路面には注意しながら、景色を楽しみましょう。

 

くろば亭(三崎港)でまぐろ丼ランチ

三崎のマグロと言えば、名前が必ずあがる有名店「くろば亭」。
三崎漁港で水揚げされた鮮度抜群のマグロを楽しめます。

 

店先では、マグロのカマをさばいていらっしゃいました!なんと190キロの本マグロなんだそう。

店内は座敷席とカウンター席があり、2人までならカウンター席に案内されることが多いかもしれません。
今回うかがったのはは平日のお昼どき。5分だけ待ちましたがスムーズにカウンター席に案内してもらえました。
それでも、入れ替わり立ち替わりほぼ満席。休日は混むこと覚悟です。

 

くろば亭にはサイクルラックあり!

くろば亭の向かい側にはサイクルラックがあります。ありがたい。

入り口の扉がすりガラスで、カウンター席からはすりガラスの向こうにサイクルラックがうっすら見えるので、食べているあいだも安心感があります。
ロードバイクってすぐ盗まれちゃいますから、目のつくところにラックがあるのは嬉しいポイントですね。

 

くろば亭おすすめメニュー

くろば亭のメニューは丼ものや定食、一品料理も種類が豊富。

地魚の塩焼きや天ぷらなど、まぐろ以外の海鮮料理もありますが、やっぱりマグロ料理のバリエーションには圧倒されます。

 

日替わりメニューも要チェックです。今日は「本マグロの頭の身祭」なるものが開催されていました。

なかなかお目にかかれないマグロの内蔵など珍味にも興味津々。

 

今回選んだのは、まぐろ漬けトロ天丼。
手前は漬けマグロ、奥には大きなトロの天ぷら!

まぐろ漬けトロ天丼(1500円)

トロの天ぷらなんてはじめて!外はサクッと、中はもっちりしています。

マグロって火を通すとパサつきがちなイメージがあったけれど、意外なほどジューシーでハマりました。これ、おすすめです!

 

ごちそうさまでした。
ちなみにトロの天ぷらは、三崎の朝市でも食べられるようです。今度チェックしてみよう!

 

絶景の城ヶ島大橋をわたる

お腹いっぱい三崎のマグロを堪能した後は、絶景の橋をわたって城ヶ島へ。三浦半島の南に位置する、神奈川県最大の自然島です。

全長575mの立派な城ヶ島大橋!自動車は有料(普通車往復150円)ですが、自転車・歩行者は無料で通行できます。
天気が良ければ、右手には富士山がスカッと一望。天気の良い1月ですが、この日はとくべつ暖かかったこともあり、富士山はぼんやりと浮かんでいます。

車道を走りますが、橋の途中につなぎ目の溝が大きく開いている箇所があるので、タイヤがとられないように気をつけてくださいね。

橋の両側には歩道もあるので、自転車を停めて写真撮影もできます。車にはご注意を。

城ヶ島に入ると、小さな商店はあるもののそれほど賑わってはおらず、穏やかな時間が流れています。
女子旅のグループや、釣りを楽しむお兄さん達、それに猫ちゃんも、思い思いに過ごして良い雰囲気。
細い道を抜けていくと、芝生の公園や灯台があります。遊歩道が続いていますが、自転車は降りて押していくほうが安全でしょう。

海を眺めながら北上

三浦半島のちょうど南に位置する城ヶ島を後にしたら、海に沿って東に向かい、そして北上していきます。
途中、高低差20m〜40mほどのアップダウンをはさみながら、遠くまで広がる大根やキャベツ畑と、海を見下ろしながら道を進みます。お天気が穏やかな日は、本当に気持ち良いですよ。

海に沿って北上。夏は海水浴客でかなり混雑する道です。日差しを遮るような背の高い建物もないので、真夏は熱中症に注意。

途中、サイクルラックのあるコンビニもあります。海を見ながら少し休憩も良いですね。

 

三浦海岸の交差点を曲がり、三崎口駅へ

海沿いの道をずっと走ったら、三浦海岸の交差点を左折。スタート地点の三崎口駅へ戻ります。
下宮田の交差点を右折。小さな交差点なので見落とさないように注意。

細い住宅街の道を抜けていくと、三崎口駅の坂の下に出ます。

最後の仕上げに、11パーセントの上り坂!春は桜が綺麗ですが、冬はただただ急坂を楽しみましょう。

坂を登りきったら、ゴール!三崎口駅近くの駐車場へ戻ってきました。
おつかれまさでした。

 

三浦半島まぐろコースは初心者さんにも、ミウイチにも

三浦半島南部のまぐろポタリングコースをご紹介しました。

今回は、京急三崎口駅をスタートして、三浦半島の南をぐるっと回り、また三崎口駅に戻ってくる約30kmのコースでした。

お気軽な短めのグルメライドとして、初心者の方のアップダウンの練習としてもぴったりのコースですので、ぜひ走ってみてください!

まぐろ丼と城ヶ島はミウイチ(三浦半島一周)の途中にも寄れますので、参考にしていただければ嬉しいです。

 

本日のおつかれさまグルメ

菓匠かわもと いちご大福/三浦市

ゴール後、自転車を車に積んでやってきたのは、三崎口駅から3km北上した所にある和菓子屋さん「かわもと」。
お目当ては、白餡のいちご大福。

小ぶりなサイズですが、じゅわっと新鮮ないちごが主役。甘酸っぱさで体が回復していきます。
ルートの関係上、今回のポタリングコースには含めませんでしたが、134号線沿いにあるので、三浦半島一周のコースを走る際には寄ってみてはいかがでしょうか。
お店から134号線を挟んで向かい側に駐車場があり、サイクルラックも完備。ごちそうさまでした!

-三浦半島

© 2021 AYAさいくる